So-net無料ブログ作成

ドクター心理マン [2クールめ♪]

ドクター心理マン2.jpg

ヒールと呼ばないで。

(ドクター心理マン)






ドクター心理マン。

となりのこが嫌がっている「心理の時間」を担当している先生よ。
ちょっと悪役っぽくていいでしょう?

でも別に悪い人じゃないわ。

小説にしても昔話にしても悪役が出てくると俄然おもしろくなってくるんだけど
現実にはそうはいかないわね。

あたしの世界は今のところ病院とパパとママとお兄ちゃんくらいだし 
なかなか悪者になんか遭遇しないもの。

でねでね むかいのこと悪役について話をしたわ。
むかいのこが言うには現実の世界には聖者も悪者も存在しなくって
それは相対的なものなんだそうよ。

つまりね
同じ人が聖者であったり悪者であったりするってこと。
それは 
おのおのの人の生きている人生の立場によって同一人物に対する見方が違うってことなの。

だから 現実の世界では善悪がすべてはっきりすることなんてないから
納得のいかない結末や争い、腹立たしい理不尽なことも存在しちゃうって。

んー もっといろいろ話したんだけどこんな感じの内容。

むかいのこはこれでいいって言ってる。
こういう話はあんまり熱くならない方がいいってもっとは協力してくれないの。

だから ちょっと違ったかもしれないけどこの話はここまでにしとくわ。

子供でもけっこう語ったりするものなのよ。大人になると忘れちゃうみたいなんだけど。
パパもママも先生たちも子供のときにけっこういろいろ知ってたし考えたりもしたはずよ。

それでも むかいのこはなんにしても悟っちゃった観があるわ。

ドクター心理マンはお世辞にも快活とはいえないナァ。
白衣なしで廊下を歩いてるドクター心理マンを患者さんよって紹介されたら
あたし納得しちゃうもん。

指が細長くって女の人みたいでね カルテとか書くとき小指をあげるの。
かけてる眼鏡はまん丸よ。
丸い眼鏡かけてる人はドクター心理マンしか知らないナァ。

カウンセリングって大切なことだわ。
心っていちばん大切だもの。 

だからドクター心理マンのお仕事は重要なんだろうなって思う。

でもね 
となりのこのことを思うと「心理の時間」なんてなくしちゃえばいいのにって思っちゃうナァ。




 

banner2.gif

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ



押して下さると嬉しいです^^♪



共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。